So-net無料ブログ作成

姫パインのクラウン挿し その2 挿す [姫パイン]

切り口もよく乾燥したようなので、挿してみました。

今日の姫パイン
  ↓
姫パインクラウン挿し

市販の花の土:赤玉土=2:1くらいでちょっとだけマグアンプを混ぜた用土に一個。
ハイドロカルチャーでもう一個を植え込みました。
発根までどのくらいかかるのかわかりませんが、まだ最低気温も23℃くらいなので、
そんなに時間はかからないのではないかと、勝手に推測してます。
刺が鋭く硬いので、手に刺さりまくりまして、作業は結構時間かかりました。
苗の葉が2~3枚隠れるようにするのが、意外に手間取りました。
夜に玄関先でこそこそと作業しているのを隣のご主人に見られて恥ずかしかったです。
この前は、サボテンの芽を覘いて「これは何を植えているの?」と聞かれたし…。
変わった植物が好きな人って思われていると思う(でも、否定できない部分もあるし…)

植え付け方法のチラシによれば…
 1 苗の葉が2~3枚隠れるように植え込む。
 2 植え付けた後、たっぷりと水をかける。

今日はここまでやったことになります。
ちなみに、この先は
 3 一週間に2~3回の割で水をかける。
 4 2ヶ月に一回、酸性肥料を入れる。
 5 鉢は日なたに置く。
 6 気温が20度を超えたら、外に出す。
 7 このように手入れをすると、春と秋、年2回花が咲きます。

でも、「花が咲くまでには1~2年はかかります」とも書いてあった。
アナナス類は一度花が咲いたら、その株にはもう花は咲かないはずです。
ということは、7番の目の項目の意味するところは
大きくなれば、どんどん株が増えるってこと? 

どうなるかわかりませんけど、枯らさないようして、
何が真実なのか検証していきましょう! 



共通テーマ:趣味・カルチャー

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。