So-net無料ブログ作成

サボテンについて、学研から返事が…。 [サボテン実生]

2年前に不思議植物栽培セットで初めて育てた実生サボテンです。

今日の学研の付録からのサボテン…
      ↓
名無しのサボテンになりました(^_^;)

アレオーレからの新刺がいい感じですので、アップにしてみました。
中央の刺はいわゆる鉤刺で、くいっと曲がってます。
もっと小さい時にはなにかに当たって曲がってしまっているのかと思ってました。
こういう形の刺のサボテンもあると知り、安心した覚えがあります。

さてさて、このサボテンには出自疑惑があるのですね。
「付録のサボテンの種は金鯱という種類です」と説明には書いてあるのです。
でも、育つにつれて、どうみても金鯱ではなくなってきてました。
いよいよ、確信を持つに至りまして…、
5月の中ごろに思い切って学研のサイトからお問い合わせをしました!

ようやく返事が最近返ってきました。
以下、一部抜粋です。

------------------------

輸入元のアメリカに確認していたため,
回答が遅くなり誠に申し訳ありません。

2年の科学のサボテンの種は,国内の種苗会社から
「バレル」ということでアメリカへ注文しています。
「キンシャチ」=「バレル」なのですが,
「バレル」と呼ばれる,ほかの種類(2種)があることが
今回調査してみて判明いたしました。
1つは,日本では「長盛丸」と呼ばれているもの,
もう1つは日本名は不明です。

------------------------

結構、適当に人任せで輸入していたようです。すこしあきれてしまいました。
バレルって、玉サボテン全体も指すような気もします。
ちなみに、金鯱は「ゴールデン・バレル」だそうです。

長盛丸っていうのは、エキノプシスらしいです。
我が家のサボテンはどう見てもエキノプシスらしくないです。
いっそ、エキノプシスだったら、開花も期待できて良かったのになぁ(^_^;)

そういうわけで、我が家のファーストサボテンは名称不明になりました。
せめて、英語名か、学名を教えてくれれば、良かったのにな。

共通テーマ:日記・雑感

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。