So-net無料ブログ作成

ニュージーランド旅行 1日目 移動だけ… [海外旅行]

春休みを利用して、ニュージーランドに行ってきました。
忘れないうちに、その旅行記を書こうと思います。

初日は福岡→羽田→成田と国内移動だけでへばりぎみ、3時すぎに成田到着。
さらに小さな子連れなら相当の体力が必要かも。これで抱っことか言われたら、もうたまらんです。
到着してチェックインして、出国手続き。ようやくゲート前でのんびりする時間が…。

成田空港にて

もちろん子供たちは退屈のきわみで、飛行機に乗るまで文句たらたらです。
でも、文句は聞き流しておけば良いだけだもんね。
飛行機に乗ってしまえば、座席の個人テレビでビデオをみたり、ゲームをしたりで…
今度は寝ようとしない。でも、無理やり寝かせますよ。
下の子が5歳の時、飛行機が到着してもどうやっても起きずに
仕方なく背負っていく羽目になったことが思い出されます。(手荷物は少なめに~)
「帰りはず~っとゲームしていても良いから!」と言い聞かせます
  ( ↑ 帰りは昼間の12時間、飛行機に缶詰! 飽きるほどやってくれ!)

そんな感じで、ただただ移動の一日目です。

ニュージーランドって、結構遠いんです。ヨーロッパより行くのに時間がかかります。
ただし、時差は3時間なので、(この旅行の時はサマータイム中なので時差4時間でしたが)
体内時計が不調になりにくいので、翌日以降の支障は少なめです。

とりわけても、小さな子供は体内時計を自己調整することができないので、
毎日1時間ずつくらい、時差がずれて現地に合っていくんですよ…。
私の経験的には3~5歳くらいの幼児が一番面倒なことになります。
6時間以上の時差のあるヨーロッパやアメリカなどに旅行をする方は要注意ですよ。
1週間程度の日程では旅行先での時差ぼけがなくなった頃に帰国し、
日本で時差ぼけが数日続くなんてありますから。(←これは実話)
2歳以下は、寝てしまえばベビーカーに乗せて運べば良いし、
6歳以上は、気合で起きてなさい!という指示が通るのでなんとかなります(苦笑)

共通テーマ:旅行

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。