So-net無料ブログ作成

オーニソガラム・ドビウムの休眠中の管理方法♪ [球根植物]

オーニソガラム・ドビウムはオレンジ色の綺麗な花(4月22日撮影)が咲くので、
春先に花物鉢として売られていることの多い球根植物です。
球根が腐らなければ、毎年花が楽しめます。お得と思いませんか?
花が終わった後、どうすればいいのか分からない人もいるかもしれないので、
私の個人的な管理方法ではありますが、記録しておこうと思います。

花が終わってからはあまり水を与えません。→そのうち地上部は枯れます。→水やり中止します。
今年は5月に入って暑い日が続いたためか、一気に枯れてしまったので、ちょっと心配です…。
とりあえず、地上部が枯れてしまったので、球根を掘り出します。
堀り出した球根
根もすっかり枯れている状態ですが、球根はとりあえず大丈夫な様子。
用土は水はけ良いものであれば、普通の草花用で十分なようです。
私はなんとなく赤玉・鹿沼をやや多めに混ぜてます。
ポットは3号角スリットです。球根をその上にのせまして、
植えつけます
上から球根が隠れるくらいに土をかぶせます。
経験的に深植えしてません。正しいのかどうかは分かりません。

植えつけた鉢は、涼しくてぬれない場所に置いておきます。
全く日が当たらないところでもかまいません。
玄関隅っこ
私はこの後は秋まで水も与えずに放置してます。
秋になったら、日のあたる場所に出して、ちょっとだけ水をやってみる。→芽が出てくる。
(放置が長引きすぎて、水をやる前に芽を出していることもありました…)
その後は水と肥料は少なめ加減で、春まで育てる。そのうち蕾がでて、花が咲く。
てな感じで毎年育っております。

さらにいうと、経験的には毎年植え替えなくてもよいかも…。←昨年は植え替えしなかった。
また、分球もなかなかしないようです。←ほとんど肥培させていないせいかもしれません。

以上は、私の個人的な管理方法ですので、間違っていてもあしからず。

その後の様子→クリック

共通テーマ:趣味・カルチャー

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。