So-net無料ブログ作成

子サボたち、転居。 [サボテン実生]

沖縄から帰ってきて、まずはサボテンのチェックしました。
みんな枯れていませんでした。むしろ、なんか元気そうな感じ。
何でだろうと考えたのですが、やはり置き場所と室温が関係ありそうです。

実は、今まで室内の窓辺(直射日光は当たらない)ところに置いていました。
そこはクーラーの風が回ってくるため、部屋の中でも涼しいポイントにもなってました。
旅行に行くときに、窓とカーテンを閉め切っていくため、サボたちはキッチンに移動。
キッチンは午前中は直射日光が入ってくるのですが、
窓にステンドグラス風のシールを貼っているので、適度に遮光された状態。
台風のため、窓は締め切った状態で出かけたので、帰ってきたときには室温は35度。
普段は室温28度なので、かなりの高温多湿状態です。
でも、今までより元気そうだったんですぅ。
バラ丸の徒長苗の状態も悪化していなかったし、金繊丸の刺も出てきてました。
月世界もさらに3つ発芽してたし、縮玉も一気に刺を増やしてました。
金鯱も新たな刺が伸びていたし、球も大きくなったように思います。
4日ぶりの再会だから、成長していても当然なのかもしれませんが、
今までは過保護にしすぎていたかもと、思いました!
勝手に思うに、高温と太陽光線がこの子達にはもっと必要なのではないかと…。
そこで思い切って、ベランダのエアコンカバーの上にサボテンたちを移動させました。
午前中は直射日光を浴びる場所なので、大型ガーゼ(日本薬局方)で遮光カバー作りました。
さらに周りを観葉植物で囲み、遮光効果を高める作戦です。

サボ遮光

吉とでるか、凶とでるかわかりません。
多分、日焼けする子サボたちが多発するのではないかとは思ってます。
もう一枚ガーゼかけたほうがいいかも、まぁ何日か様子見てから考えます。



共通テーマ:趣味・カルチャー

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。