So-net無料ブログ作成

たまには和風もいいね+クロユリの鱗片蒔き [観葉植物]

実家の庭が先月の台風で破壊されたので、先週末にガーデナーさんが手入れにきて、
母の野放し栽培で荒れ放題だった庭がすっきり綺麗になってました。
「あ~。プロの仕事は違うわ~!」と感心しきりです。

ヤブランとハラン(裏庭に生え放題だったのを整理した)苗をくれるというので、
たまには和風も良かろうとありがたくいただいて、さっそく寄せ植えにしました。
ばっさり根切りされた状態なので、これからの時期に根付くのかかなり不安です。

ハランとヤブランの寄せ植え風

植え込んでから花がないとなにか淋しい気持ちに襲われ、
近所のホムセンに黒百合の球根があったのを思い出し、
半ば衝動的に閉店ぎりぎりに駆け込み入店、2個で298円…。
枯れるかもしれない寄せ植えに追加投入するにはちょっと惜しい感もしました(吝嗇やね~>自分)
でも、駆け込みで買わずに帰るのも恥ずかしいので、購入しました。

帰宅後、寄せ植えの空いたところをほじほじして、埋め込みました。
2個のうち1個はすでに袋の中で半分以上鱗片取れており、
(急いでいてよく確認なかったのが良くなかったのよね。)
植え込むときにもさらに数個取れてしまいました。黒百合の鱗片はとてもはげ易いようです。
かなり丸坊主な球根になってしまいましたが、たぶん大丈夫(根拠は全くないけど)

剥がれ落ちた鱗片を見ていて、これももったいないので蒔いてみました。
ユリの仲間なら、こちらも多分芽が出てくると思います。

黒百合の鱗片蒔き

腐葉土と赤玉土小粒の用土に蒔きました。
サボテン、リトープス実生用の山ほど残っていた赤玉土細粒で覆土しておきました。
うまく芽がでるでしょうか? ブログとしてはこちらの方が楽しみかも…(^_^;)



共通テーマ:趣味・カルチャー

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。