So-net無料ブログ作成

ヒヤシンスとクロッカスの水栽培 その1 [球根植物]

11月に入ったので、水栽培を始めることにしました。
ヒヤシンスはしごく普通の水栽培用のガラス瓶で、クロッカスはミズゴケ栽培にします。

とはいうものの、11月なのに日中は我が家のメンバーは半袖ですごしております。
(これは暑がり家族だからで、周囲の人は長袖の方が多いです…)
昼間のベランダは25℃以上になり、観葉植物もまだまだ成長続けています。

秋植えの球根は十分寒さに当てた方がいいですし、暖かいとなによりカビますしね~。
もっと寒くなってと思っていたのですが、下の子の暑苦しいラブコール(しつこい要求と読む)
「幼稚園ではもうやってるよ~。おうちはまだ水栽培しないの~?」
に負けました。

カビ対策にいつものベンレート消毒をしてから、容器にセッティング。
2つのヒヤシンスのどちらを水換えするか、担当決め。
その段階で花色が青と白なので、「青が良いよ~」と取り合いに…。
理由は青は男の色ってことらしい(よ~わからんが、そう言ってました。)
同じ色じゃ楽しくないかなと思ったのですが、そんなことを思うのは私だけで、
兄弟には同じものを買わないといけなかったみたいです。
結局じゃんけんで担当を決め、上の子が青を勝ち取り上機嫌。下の子は不機嫌ぶーたれモード。

ともあれ、本日より水栽培開始です。
北側の玄関外の隅っこに段ボール箱を置いて、その中に入れておきます。

クロッカスはミズゴケの上にちゃっちゃと並べ水を注ぎ、ラップをして楊枝で空気穴ぽちぽち。
そして、冷蔵庫の野菜室に入れてしまいました。
暗くても当面は全く問題ないので、十分寒くなるまで冷蔵庫栽培することにします。
スペースが十分あれば、ヒヤシンスも入れられるのに。でっかい冷蔵庫欲しいわ~



共通テーマ:趣味・カルチャー

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。