So-net無料ブログ作成

カスタノスペルマム 伸びる予感 [観葉植物]

デジカメが無事戻ってきました。ちぇっ、新しいの買えないのか~。残念。
戻ってきたので、華々しいネタをしたいのですが、地味ネタです。

カスタノスペルマムはオーストラリア原産のマメ科の植物です。
学名はCastanospermum australe Beany
でっかい豆からでる芽の様子が面白いので、日本では豆や豆付き幼苗で売られています。
その場合、オーストラリアン・ビーンズとか、ジャックと豆の木とか、ブラックビーンとか
いろんな商品名で売られています。

豆は大きく育つと取れてしまいます。取れてしまうと、地味な葉っぱだけの観葉植物になります。
(我が家はすでに豆なしなので、かなり地味め~)
観葉植物として綺麗に見せたいときは数本(もしくは数個)を一つの鉢に植えて、
ボリュームを出すことをお勧めします。我が家のは観察用なので、当面は地味なままいきます。

亜熱帯性なので、冬場は育たないはずなのですが、
あまりの暖かさに、なんだか葉軸が展開しそうな感じになってきました!

今日の芽の様子
   ↓
ブラックビーン葉軸展開前

一気に数個の葉軸が展開しては2ヶ月ほどお休み。暖かい間はこれを繰り返します。
なんで、こんなサイクルなのか全くわからない不思議な成長ぶりです。
一度の展開は短期間でかなり大きくなります。展開したらまた紹介しますね。
花も咲かないし、葉色も緑一色なので、この成長ぶりだけが楽しみかもしれません。
(一応オレンジ色の花が大木になれば咲くそうですが、日本ではまず期待できないようです。)
現地では数十メートルにも育つようですが、我が家のはまだ60cm。
今度の展開でどのくらい育つかな~。
しばらく暖かさを保っておかないと、育たずにしおれちゃうかも…。

我が家のオーストラリア出身植物はこれと前に紹介した初恋草だけど、
全然環境の好みが違います。
オーストラリアって、やはり広大なのでしょうね。行ってみたいなぁ。



共通テーマ:趣味・カルチャー

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。