So-net無料ブログ作成

デロスペルマとケイリドプシス、成長早すぎ… [メセン実生]

昨年9月16日にメセンの種まきをしました
その後まあ順調に生育しておりまして、大きな問題はないですが、
いろいろとこまごまとした問題はありますです…。

今日の実生メセンペットボトル
      ↓
育ってるけど…上から

このペットボトルにはリトープスとコノフィツム以外のメセンをまとめて蒔いたのですが…。

奥  左 ギバエウムの翠滴玉   右 フリチアの光玉
手前 左 デロスペルマの沙坐蘭  右 ケイリドプシスの翔鳳

明らかに手前の2種類がぎゅーぎゅーです。横から見ると、こんな感じです。

育ってるけど…斜め上から

底からは根っこも出てきているもんなぁ。

底から根も出てるし…

この2種は生育が非常に旺盛な種だったんですね。
その上たくさん蒔いて、発芽率も良かったし…、
無知と好運が重なって、こういう結果に(-_-;)
冬の終わりになったら植え替えしても良いらしいです(←付け焼刃的知識…)
それまで、このままでがんばってとしか言えません(-_-;) 育てが悪くてすみませんねぇ。

共通テーマ:趣味・カルチャー

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。