So-net無料ブログ作成

アザミウマが家の中に! [虫]

ああ、何てことでしょう。侵入者(虫)発見です!
アザミウマ(スリップス)を家の中で発見してしまいました。いや~!!!!
  ↓
アザミウマ

アンスリウムとシンゴニウムに成虫と、恐ろしいことに幼虫も散見されます…。
(このアザミウマはサトイモ科がやはり一番お好みなようです)
暖かいので、繁殖早いみたいです。
ようやく寒くなってベランダは収束してきたのに~(くやし~)
幸いまだ少数でしたので、徹底的に家の中の鉢を観察し、テデトールして、
アンスリウムとシンゴニウムは以前アドバイスいただいたように、
「お風呂場に持ち込んで、シャワーで洗い流す」という方法もやってみました。

家の中の観葉にもオルトランは使ってあるのですが、
幼虫もいるので耐性ができているのかも、モスピランを使ってみようかと思います。
週末にならないと散布できそうにないので、当面こつこつ夜にテデトールします。
視力が落ちそうです(^_^;) 今日はこれだけで疲れきってしまいました。



共通テーマ:趣味・カルチャー

夏休み自由研究として [虫]

今朝の日記にも書きましたが、今日は休みだったので、
子供たちを川遊びに連れて行きました。
ただし、川に入ってじゃぶじゃぶ遊ぶのがメインではなく、
夏休みの自由研究として、川にどんな生き物がいるのか調べるために、
水棲昆虫、魚、カエルなどを捕まえて、観察するのが主目的です。

網のほかに観察するための道具なども持参します。(この辺でも学研の科学教材が役立つ)
    ↓
観察道具

川底や川岸の草むらに潜む虫たちを網でかき集め、バットに入れて選別。
ある程度集まったら、拡大鏡で観察してみるという手順です。
棲んでいる生物たちの種類で水質がわかるそうなので、分類していきます。
カゲロウやカワゲラの類は見分けが困難ですが、ヤゴあたりはかなり見当付きます。
   ↓ 
水棲昆虫

以前に虫が嫌いと書きましたが、水生昆虫はなぜか平気(適当な性格じゃ!)
他にもカニ、スジエビやオイカワの幼魚?など気持ち悪くないものから、
ヒル、ウズムシ(プラナリア)、ヨコエビとかちょっと気味の悪いものまで採りました。

ちょっと大きなカエルもいましたよ。
   ↓
frog

種類をちゃんと調べるために、画像も結構撮りましたが、
小さすぎるため、私の腕では上手に撮れません。工夫が必要です。(サボ撮影のためにも!)
来週の休みに別の川に行く約束をしたので、次は図鑑も持参しないといけないかな?
あとは水中メガネとかもあったほうが水の中が良く見えて良さそうです。
採った生き物はすべて最後に川にかえしますので、
小道具として、ピンセットとスポイトも必要やねぇ。
(今日は手でつまんだので、カゲロウやトビケラなどの小昆虫が死んでしまいました)

最後に川毎で棲んでいる生き物をまとめ、考察を加えてレポートにまとめる予定です。
理系の親から理系の子供が育っている感じがします。



共通テーマ:趣味・カルチャー

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。